2013年06月28日 14:37

エアコンの配管を隠せ!すごいぞ 鳥っち!

「鳥っち 」は電気工事屋さんです。
かいちまさこ がデザイナーとして駆け出しの頃 32才からの付き合い
になります。
「鳥っち」はニックネームで本名は鳥原さんです。
ニックネームは、かいちまさこが20年前に命名しましたが・・・
本人は、私達が鳥っちと行っている事を知りません。
ただ・・・キッチンを作ってただいている遠ちゃん(遠藤さん)が
この前、一回り以上の年上の鳥原さんに「鳥っち」と大きな声で呼んでいました。
遠ちゃんは、みんなが「鳥っち」と呼んでいると思っていたそうです。
ちなみに私は「鳥さん」と呼んでいます。
ちなみに かいちまさこ は「鳥原社長」と呼んでいます。
ちなみに かいちまさこは遠藤さんのことを「くま・くま」と呼んでいます。
遠藤さんは かいちまさこ のことを「小僧」と呼んでいます。

そんなことは、どうでもよくて・・・
エアコンの配管のことです。
よく、街を歩いているとエアコンの配管が安易にされていてみっともない
光景を目にします。
なぜに・・・そんなとこに、これ見よがしに配管をするかな〜とツッコミ
たくなります。 
家の裏とかならば見えないので、良いと思いますが「これ見よがし」状態
は、いけません。

今回紹介するのは、かいちまさこ が考えて鳥原さんが施工したエアコンの
配管です。
この写真の、赤枠で四角ところの内部にエアコンがあります。
エアコンを量販店などで購入すると、間違いなく赤い点線に沿って
外部に配管が取り付けます。
それは、いけません。
写真には青の矢印の場所にエアコンの室外機が置いてあります。
これは、かいちまさこが正面に配管が見えることを避けるために
内部の壁に配管を隠し室外機の近くで外部に穴を開けて配管が
見えないように工夫しました。
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-06-28%2014.25.06.png


そしてもう一つ
0h!の家は雨に濡れないように玄関前や犬走りに庇を延長してつくる場合があります。
そうすると・・・・
エアコンの配管が難しくなるケースがあります。
エアコンからまっすぐに配管を下ろすと庇が邪魔になって配管がクネクネ
と曲げて、曲げてみっともない・・・いびつになります。
かいちまさこ はエアコンの内部配管を隣の部屋ま延長させました。
青の点線です。極力見えないように内部を配管しています。
そして、隣の部屋から外部へ穴を抜き赤色の点線ラインに配管をしました。
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-06-28%2014.29.41.png

鳥原さんと かいちまさこ の外部から見ても影響のない完璧な配管です。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2013年06月28日 13:26

神戸市 岡本 TY邸 「チームワークが大事」

神戸市 岡本 TY邸は専用通路2mの奥が住居です。
現在、大工工事の真っ最中です。

建築場所の条件が厳しい場合、1番大切なことはチームワークです。
とにかく、全員が行程を頭にいれて手順の確認をすることが大事です。

通路2mの奥が建築場所になります。
この通路を通るたびに、「ワクワクする感じ」があります。
京都の料亭のような・・・・
かいちまさこは道路からの家の玄関まで、ストーリー(物語)を感じる
ようにデザインしていますが、TY邸では良い事に・・・
もうストーリーが完成されています。立地の良さです。

旗上地とか丘陵地とか全面道路が狭い土地は、逆に良い家になる
可能性を秘めています。
IMG_4060.jpg

専用通路奥には、どか〜ん と0h!の家を建設中です。
IMG_4002.jpg


大工の宮本くん青空をバックに一枚
こんな姿を見ると、大工ってカッコいいな〜と思います。
IMG_3996.jpg


皆さんの努力のお陰で、TY邸は解体・基礎・棟上げと順調です。
この立地は、設備工事(水道・下水)の職人は特に腕の見せ所です。
勾配をつけながら設置していく為、配管が難しい・・・・
頼りになるのは・・・・
野球の清原さんに似た青井さんです。(ケンシロウとも呼ばれています)
IMG_4058.JPG

そして屋内では、巽監督と問題点を話し合い改良を加えます。
IMG_3998.JPG

今年 11月に引渡しができるよう一丸となって、住みやすい家を作ります。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2013年06月28日 12:26

山芦屋KK邸 外構完成

芦屋市 山芦屋町Kさまの外構が完成しました。
外構工事は約1ヶ月掛かりました。
職人が手を掛けた仕事は嘘をつきません。
アンティークレンガ2300枚を積んで、敷いて、切って・・・
時間と動力と費やした外構は、美しいです。

いつも思うのですが、外構が完成すると家が生きているような
呼吸をしているような感じを受けます。
かいちまさこは、お客様に頼まれてなくても
勝手に生産農家にお願いして、植栽は出来るだけたくさん植えます。
植栽について、私は口をだしません。
それは、嬉しそうに植栽に水をやったり植えたりする、かいちまさこ
に、お金のことは・・・言えません・・・・

そしてK邸の外観です。
中心に植えてあるのは、小豆島のオリーブの生産農家さんが
間引きしたオリーブを分けていただいたものです。
ただし、間引きしたオリーブは出荷時期が限定されます。
その為、このオリーブは私達の自宅に3月末にやって来ました。
そして3ヶ月 かいちまさこ が毎日水をやって今日の日まで育てました。
IMG_4084.jpg

IMG_4086.JPG


横からの完成した姿
フェンスは全て世界最強の木と言われている「イペ材」を使用しています。
イペ材は桟橋に使われていた木で30年以上は腐りません。
IMG_4088.JPG

上の写真をよく見ると屋根のトップライトが開いています。
でも、それ以外の窓は閉まっています。
これは・・・
外気温よりも家の中の温度が低いので閉め切った方が涼しいからです。
家の中の熱は家の一番高いところに溜まりますので、それを外へ逃がす
為に天窓を開けます。
この日の外気温は32℃でしたので、真夏までは、このパターンで大丈夫です。
そうそう・・
この方法で大丈夫な理由は珪藻土が湿度60%前後でコントロールして
いるからです。
ハワイは暑いですが湿度が低いので快適に過ごせるのと同じです。
逆に夏に湿度の高い日本は不快感を覚えます。

天窓をアップした写真です。
この天窓はデンマーク「ベルックス社」の商品で雨が降るとセンサーが
察知して自動で閉まりますので、夏季は開けっ放しにします。
IMG_4089.JPG

勝手口からの犬走りはイペ材でドアを作って頂きました。
IMG_4093.jpg

リビングからのウッドデッキもイペ材です。
このウッドでっきから芦屋川のせせらぎを感じることができます。
IMG_4043.jpg

2階から見たウッドデッキ
IMG_4057.jpg

今日はK邸に特別な訪問客が来られました。
ツバメ君です。
ツバメが地上に降りて遊んでいる姿を初めて見ました。
確かに・・・ツバメです。
それだけ、K邸は環境が良い場所なのでしょう
IMG_4082.jpg


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2013年06月28日 10:32

福原君 「野菜王子」

「未来の食卓」というドキメンタリー映画をしっていますか?
2008年 フランスで公開され大ヒットした映画です。
小学校の給食をすべてオーガニックにするという画期的
な試みを導入しました。

風光明媚な村で暮らす、ごく普通の人々ばかりだが
その一見のどかな風景とは裏腹に、土や水の汚染による
病が彼らに静かに忍ぶ寄る・・・
だからこそ、次の世代の子供達へ負の遺産を引き継いではいけない。
そう思った、村長は小学校の給食をオーガニックに切り替え
その村を中心にオーガニックを推進する・・・・

この映画です。
200912191104286ba.jpg


そして小学校の給食風景
090705_mirai_main.jpg


余談ですが・・・
かいちまさこ(妻)は6年前からオーガニック食材を使っています。
同時に人間より体温の高い牛肉・豚肉・鶏肉などは食べない。
魚は、食物連鎖の頂点にいる魚は食べない 養殖も食べない
アジ・イワシ・カレイ・ハゲなど養殖でないものを食べます。
米は無農薬の玄米を圧力窯をつかって食べています。
調理用の油はすべて、オーガニックのオリーブオイルを使用しています。

徹底する彼女は・・・食べ物以外にも
石鹸はオリーブ石鹸
洗剤は界面活性剤が使用されていない物
歯磨き粉はナスの黒焼き「デンシー」
化粧は、しない。

そして・・・3年前
かいちまさこは喘息が直り
不整脈も直りました。

それは、自然素材に囲まれた家に住んでいることも大事
同様に、オーガニックで作られた物に囲まれることも大事なことです。

脱線しましたが・・・
いつもオーガニック野菜を自宅に届けて頂いている福原くんから
今日の野菜の配達はカメラも一緒に行っても良いですか?
を言われました。
福原くんは、芦屋で有機野菜を販売している「CA」の代表者です。
通称「野菜王子」と言われています。

福原君です。
staff_pht_fukuhara.jpg

NHKの取材斑と福原君が雨の中到着
IMG_4071.JPG


私のデスクから取材風景を撮りました。
IMG_4078.JPG

IMG_4075.JPG


IMG_4076.JPG

福原君も以前ワインバーで一緒に飲んだ時に
「給食」の大事さを語っていました。
講演やイベントへの参加と、最近は
忙しそうですが、彼はガッバっています。

私は・・・ぎっくり腰になりました。頑張ろうにも頑張れない・・・


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2013年06月13日 17:11

山芦屋KK邸 仕上げ段階です。

昨年の春から夏を超え 1年以上のおつきあいになった山芦屋のKK邸も ようやく本日美装に入って頂きました。昨日までに蓼川大工さんが 造作の仕上げをして頂きました。次はお施主さんの塗装と外構を残すのみ。
エントランスの吹抜けに取り付けて頂くステンドグラスも 蓼川大工がご自宅で枠を作って運んで下さいました。
IMG_9961.jpg
枠の塗装をわたしがします。ただちゃんに「きれいにぬってや〜〜」と言われ 『誰にいってるの?塗装の達人よ!』といった物の ドキドキしてしまいました。マスキングもばっちりそろそろ塗ります。
IMG_9965.jpg

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2013年06月13日 12:51

伊丹のO様のお宅

ただちゃんも紹介していましたが 先日 伊丹市のO様のお宅に取材のご協力をいただき カメラマンさんとライターさんと一緒にいってきました。
IMG_9831.jpg
とてもすてきに暮らして頂いており わたしも大いに喜びました。

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2013年06月11日 18:16

神戸市 TD邸

6月11日 今日の神戸市 西岡本T邸です。
梅雨が空梅雨か〜と思うこの頃です。
台風の前に屋根工事が完了します。
なんとなく、今回の台風は建物に影響は無いような予感がします。
と心配しつつ・・・

遠目からのTD邸
IMG_4040.jpg


瓦の乗せて運びます。
IMG_4037.jpg


0h!使う瓦は、ハイブリッド瓦プロバンスSです。
窯変したグラデーションが綺麗です。
IMG_4038.jpg


家の後ろの駐車場から見たTD邸です。
薪ストーブの煙突も完成しています。
IMG_4011.jpg


玄関ドア スウェーデンの木製ドア 塗装は完成前にします。
IMG_4012.jpg


玄関を入るとタタキは出来るだけ広くプランされています。
IMG_4036.jpg


玄関とタタキのチラッと見える窓は中庭をのぞむことができます。
IMG_4013.jpg


中庭を囲むようにリビングがプランしています。
かいちまさこ の特徴が感じ取れます。
IMG_4018.JPG


廊下のようですが、ここに廊下兼勉強部屋になります。
IMG_4015.jpg


階段は伸び上がるような角柱の列柱です。
IMG_4019.jpg


2階からの列柱 写真の左側は吹抜けになります。
IMG_4026.jpg


この部分が吹抜けになります。
吹抜けの天井には電動式の天窓を設置
これによって、1階が明るくなり・・・
夏は風通しが良くなります。
雨が降ると、感知して自動で閉まります。
デンマーク ベルックス社の天窓です。
IMG_4029.JPG


天窓をアップします。下部は吹き抜けています。
IMG_4027.JPG


2階の子供部屋です。
かいちまさこ の上にある部分がロフトになります。
IMG_4030.jpg


ロフトにも天窓があります。
IMG_4031.jpg


2階にベランダです。
中庭を望む写真も一緒にどうぞ・・・
IMG_4023.JPG

IMG_4021.JPG

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2013年06月10日 11:58

グラノスはこんなとこにも使えます。

グラノスは床のメンテはもちろんの事 建具や家具のお手入れにも使えます。Oh!のお客様には引き渡し時に必ず1本差し上げています。・・・残念ながら1年後にも全くお使いになられていないお宅もありました。みなさん 置いていても仕方ありませんよ〜 ちゃんとメンテにお使いくださいね。リボス社の商品ですので 間違って口に入っても害はありません。又はいはいしている赤ちゃんはいろんな物を口にしますし 茶あやんを始め大切にしているペットも床をなめますが グラノスだったら心配ありません。床掃除に 科学モップや薬品のついたク○ックルワイパーの使用は御法度です!!!打ち合わせの際に繰り返しお話ししていますが 皆さん頭に入っておられない方もおいでですので 今回思いきって書きます。
わたしの台所は TOPはステンレスか 堅木の木材 そして ボディは無垢の口板が基本です。ボディの色は建具やかえに近く広々して見える工夫にする為 リボスの白を塗っています。拭き取って木目の映える美しい塗装ですが どんな物にもメンテが必要です。シンクの下は特に水が垂れたりして汚れがちです。年に1回くらいは塗り直したり 汚れたなと思うとグラノスで拭き掃除します。

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2013年06月08日 14:40

晴天の中 岡本T邸の棟上げ快調!

2013.6.8 梅雨の時期で天気が心配されたものの 本日はすこぶる晴天。おめでたムードもさらにアップ。遡る事6/4から 英人大工と宮本大工は土台引きや 材料搬入など 専用通路のデメリットである「機械に頼られない」為 荷揚げを人力で行って下さいました。ありがたや〜!!
隣人の方のご協力も頂き バラアーチのついた専用通路に車も止めさせて頂きました。
IMG_0028.jpg
IMG_0030.jpg
IMG_0031.jpg

いつも棟上げの日には レッカーが来てにぎやかですが 本日は内部の写真を中心に。
IMG_0034.jpg

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2013年06月07日 18:02

階地実家リフォームでお世話になった人たち

階地父が体調を崩し 入院の上 手術する事に決まったのが 4月でした。
それからは 今後のことや 術後の心配やら わたしたちの仕事はどうするのかなど 問題が山積みでしたが 山はひとつずつ 崩していくしかありません。
手術にしてもわたしは反対でしたが やはり本人や周りの意思が優先されます。それを受け入れつつ 最悪の事態にはならないように祈るのみでした。手術が成功して 元気に退院してくるものとして さてこの実家で果たしてちゃんと住んでいけるかが問題です。階地実家は左官の義父が長い時間をかけてほとんど一人で作ったそうです。コンクリートブロック積みで もらった建材や海に流れ着いた建材までいろんなもので構成されています。コンクリートブロック造のため 湿気はあって当然です。 中がカビ臭く 元喘息患者のわたしにはこたえ 行くと調子が悪くなりました。しかも義父の疾患は「肺」。おまけに義母も咳が続き 喘息の症状が現れています。
こういう状況なので普通は改築を敢行したいところですが 以前から義父が『わしが造った家じゃから このままでいい!』とかたくなに言うのを阻止できませんでした。
今回 義母が床下に白蟻が来ているのが気になり 床をやり変えたいといったのをきっかけに なんとか 快適な空間にしてあげたい!と ただちゃんと決心しました。

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

ねこたまご通信

2014年07月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ねこたまご通信

かいちまさこがさり気ない日常で感じた事や感動した事 興味のある事や好きな事を家づくりだけで無く、衣食・住に関して綴っていきたいと思います。
どうぞおつきあい下さいませ。

えりか

階地道

ワイン好きで食いしん坊な方はGM階地のうんちくコーナを
是非、お楽しみ下さい。

秀丸

カテゴリー一覧

最近の記事

過去の記事



ビジネスブログ制作