2014年02月24日 12:30

鳥原さん頑張って!

階地忠浩です。
電気配線を担当している頂いている鳥原さんと かいちまさこ
はかれこれ18年の付き合いになります。
それ以降 Oh!電気工事は鳥原さんが担当して頂いています。

10年前の写真
100_1853.JPG

右が鳥原さんです。
左が かいちまさこです。
100_1847.JPG

いつも元気な鳥原さんが
2月23日の深夜に脳内出血で倒れられました・・・
手術をしなくても良い状況らしく
びっくりはしましたが 大事にいたらず「ほっ」としています。
現場はいつも一緒に工事をして頂いている井上さんが
担当しますので大丈夫なのですが・・・
鳥原さんの元気な顔を見るまでは気持ちが落ち着きません。

以前・・・
職人さん達と忘年会を自宅でした際にも・・・
その前の時も・・・
必ず「かいちさんと一番付き合いが古いのは自分だ!」
と誇らしげに 必ず言われていました。

かいちまさこ がこんな事を言っていました。
「2月23日はただちゃん(私です)の誕生日
 だから・・・大丈夫!」

そう私の誕生日 間違いなく大丈夫!

なによりも・・・
今 Oh!で作っている家
宝塚のK邸 ご主人も2月23日が誕生日
西宮のS邸  奥さんも2月23日が誕生日

そうプラス階地忠浩のパワーで全快へ進め! 鳥っち!

IMG_8596.jpg

IMG_4366.JPG

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月24日 11:47

鳥原社長頑張れ!!

2/23の朝。ただちゃんの電話がなりました。『おかあちゃんかなあ〜』とただちゃんが出ると 電気工事の鳥原社長の奥さんでした。電話の受け答えの声がただならぬ様子に すでにかいちまさこ 半泣き状態に。ただちゃんは 電話の合間にかいつまんで 『とりさんが病院に運ばれた 命には別状はない』とわたしに伝えます。
少し安心したものの わたしの頭はぐるぐる回ります。
IMG_6291.jpg

・・・鳥原社長と初めてであったのは わたしが34才頃のことで ただちゃんの知り合いの方が守口にワインバアを開くのでそこのデザインを頼まれた時です。工事はそのビルのオーナーが工務店をされていてほとんどの工事をされました。勝手の解らない職人さん達の中で しかも若かったわたしは圧倒されつつも なんとか頑張っていましたが RC駆体の中で配線工事がまま成りません。オーナー兼工務店のボスが「そんな無理な工事できないな。とか 今の物を活かしてすればいいんや。」とか あまり協力的でない態度で 店のオーナーも見て見ぬ振りです。このままではきちんとした店にならない!と 場慣れは少ないですが心に闘志を潜めていた若かりし日の かいちまさこは途方に暮れていました。

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2014年02月24日 11:08

西宮市 S邸の現場状況

階地忠浩です。
西宮市S邸の現場確認です。
土地形状は Oh!が得意とする旗竿地です。

IMG_9341.jpg

外壁はモルタルの荒塗りが完了しています。
奥に玄関ドアが見えます。

IMG_9346.jpg

玄関ドアを室内から見た写真です。
現時点では無塗装ですが最終的に自然塗料を塗ります。
この玄関ドアはスエーデン製の木質系ドアです。

1階まで床が貼られました。
床材は「本花梨」無垢材 15mm厚です。
これも最終段階でドイツの自然塗料「リボス」を塗って完成です。
あまり知られていないことですが・・・
本花梨は経年を重ねるごとに
濃い色は薄くなり
薄い色はこくなります。

IMG_9350.jpg

S邸は2世帯住宅になります。
子世帯は1階が居室 2階がリビングになります。
親世帯と子世帯との間に中庭があります。

子世帯の1階 
左が洗面所 右が居室になります。

IMG_9348.jpg

2階のリビング
私の自宅と同様に中庭に向けて上下に連窓する窓があります。
IMG_9365.jpg

逆から移した写真の方が良くわかります。
電気の鳥原さんの身長からスケール感がわかると思います。

IMG_9369.jpg


奥の角材の列柱は上部はロフトになります。
またこのデザインによって風がより流れるようになります。
視覚的にも効果があり奥行があると脳が判断します。
ズームアップすると良くわかります。

P1020005.jpg

リビングはできるだけ天井高を取っています。
一番 高いところで5mあります。
初夏から残暑にかけて天井に熱がこもらないように
天窓は電動開閉できます。
S邸はさらにロールブラインドも電動で開閉できます。
天窓はデンマーク「ベルックス」社の製品です。

親世帯の玄関は緑の人工芝がある場所になります。
おっと嫁はこんなところにいました!
指差し確認をしています。
玄関の隣がシューズクローク
その隣がウォークインクロゼット
かいちまさこ が立っている場所が主寝室になります。

IMG_9358.jpg

親世帯は1階が吹抜けがあるリビングになります。
奥の2階部分は居室になります。

IMG_9353.jpg

リビングから中庭にでれます。
IMG_9355.JPG

中庭はこんな感じです。
上部をシートで覆っていますので少し暗いですが・・・

IMG_9373.jpg

2階はこんな感じでリビングを見下ろします。
中庭を挟んだホールになります。

IMG_9376.jpg

かいちまさこは・・・・
20年近くの付き合って頂いている鳥原電気さんと打合せをしています。

IMG_9379.jpg


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月23日 14:19

今日は階地忠浩の誕生日♪

今日は我らが ただちゃんの誕生日でした。
彼のたっての願いで 誕生日には彼の郷里で両親と共に過ごすはずでした。が 仕事の都合で今回は断念。今年のお正月に訪れてからなかなか伺えないのが申し訳ないのです。わたしは誕生日は両親に感謝する日だと思っていますが ただちゃんもそう思ったみたいです。
お正月に両親と一緒に撮った写真がこれ。
IMG_8491.JPG

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2014年02月23日 14:14

宝塚市 K邸「外構」打合せ

階地忠浩です。
2月20日
今日は現場確認
新大阪マンションから宝塚市D邸
そして宝塚市 K邸です。
外部の足場が取れました!
外観はこれです。
IMG_9320.JPG

借景となっている樹木は隣の木です。
この家のプランをさせて頂く10ヶ月前・・・
私達はスイスに建築の勉強に行きました。
その時に勉強した「軒の大切さ」・・・
以前にも増して軒を出しています。
外観もなんとなくスイスでみた建物の影響を受けて
いるような感じがします。

かいちまさこは・・・
外構を担当していただいている時田さんと打合せをしています。
IMG_9322.jpg

近づいて・・・
IMG_9325.jpg

さらに近づいて・・・
時田さんのことを3年前
作らせて頂いた芦屋市M邸のお子さん当時4才が言った言葉
ママ「アンパンマンがいる」・・・
確かに似ています。
IMG_9331.jpg

かいちまさこの指差している先は
光がさしている方向!!!

IMG_9327.jpg

高低差です。
IMG_9330.jpg

道路面から高低差がある場合
デザイナーは力の見せ所になります。
それは平面的ではなく立体的にデザインできるからです。

以前作った明石市S邸
これを見ていただければ解っていただけると思います。
image002.jpg

もう一枚!
image006.jpg

地形を生かして
自然と相談しながら・・・
木々達に 良いよ・・・と言ってもらえるように
空間デザイナー かいちまさこ
微力ながら全力で完成に向けて頑張ります。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月23日 13:07

宝塚市 D邸 その4

階地忠浩です。
宝塚市D邸
外部はこんな感じです。
Oh!の注文住宅 35軒目の家になります。
10年前に注文住宅を作り始めてから

春・・・
夏・・・
秋・・・
冬・・・
季節ごとに1棟
作らせていただいていることになります。
作らせていただいてありがとうございます。
作らせていただいているDさんに感謝です。

土地の形状は旗竿地になります。
手前はハウスメーカーさんが建てられます。
IMG_9141.JPG

隣が駐車場になりますので外観がよく解ります。
北側斜線をかわしながら家の容積(空間)を確保しています。

IMG_9139.JPG

後ろの敷地からの外観です。
この場所もハウスメーカーさんが建てられます。

IMG_9135.JPG

玄関ドアはスエーデンの木質系ドアになります。
無塗装ですので最終段階で塗装をします。


IMG_9153.jpg

軒のチエック OK です。
IMG_9154.jpg

外壁はこの後・・・
防水シートを貼り
ラス(金網)を貼り
モルタルで下地を塗り  2週間乾かして
モルタルの仕上げをして 2週間乾かして
スイス漆喰の下地を塗り
スイス漆喰の仕上げをして完成です。
完成までの作業期間は3ヶ月です。

玄関を入ると・・・
IMG_9156.jpg

中庭が見えます。
IMG_9158.JPG

廊下に面した中庭は・・・
IMG_9173.JPG

嫁は何処へ・・・
池野大工 と宮本大工と打合せをしています。
奥に見えるのが中庭です。

IMG_9179.JPG

回り込んで・・・写真 
こんな感じで打合せをしています。
IMG_9171.JPG

室内はこんな感じです。
無垢の列柱が多いのは かいちまさこ の特徴の一つです。


IMG_9181.jpg

こんなことにも列柱があります。
この列柱の部分はロフトになります。
IMG_9184.JPG

吹抜けです。
吹抜けの天井には電動で開閉できます。
そうすると夏に熱がこもらなくなり風がながれやすくなります。
Oh!で家を建てても建てなくても・・・
吹抜けがある場合は電動式の天窓を付けてください。
余談ですが・・・参考まで
Oh!の天窓はデンマークのベルックス社を付けています。

IMG_9182.jpg

最後に中庭
一階から中庭を望むと

IMG_9196.jpg

空が近い・・・自分だけの空が1枚の絵のように

IMG_9193.JPG

2階から見た1階の中庭です。

IMG_9197.jpg

サッシはスエーデン製の3層ガラス窓「エリートフェンスター」を使用しています。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月23日 11:32

新大阪のマンションリフォーム その3

階地忠浩です。
2月20日 今日は終日現場確認です。
まずは新大阪のマンション
ここです。

DSCN4302.jpg

大工造作の最終段階です。
壁面収納は完成しています。

IMG_9091.jpg

キッチン付近の収納 ここもほぼ完成
IMG_9132.jpg

こんにちは かずまくん
かずまくんは蓼川大工さんの息子さんです。
大学4年生 
今年の4月から大阪の設計・施工をされる会社に就職されます。
2年前から学校の授業がない日はお父さんの手伝いとして
Oh!の仕事をしていましたので今では大工工事の戦力になっています。
就職先はよく解りませんが・・・
かずま君を採用した会社さんは「幸運」です。

IMG_9097.jpg

かずま君が 今日していた仕事は「ダボ埋め」です。
大工造作で家具を作ると木ネジでジョイントしていきます。
下穴を開けてから木ネジで固定しますので こんな穴があきます。
これです。

IMG_9108.JPG

この穴を埋める作業を「ダボ埋め」と言います。
作業の行程は
①ダボ(埋める木)を作ります。
市販でダボを売っていますが同じ樹種でも色が微妙に違うため
こうやって使った木の破片をつかって作ります。

IMG_9103.JPG

穴に少量の木工ボンドを注入します。
IMG_9121.JPG

自作のダボを埋めます。
IMG_9123.JPG

歯の細かいノコギリで出た部分を切ります。
IMG_9125.JPG

最後に表面を細い目の紙ヤスリをかけて完成です。
目がそろっていて 綺麗にできました。
このダボ埋めの作業
この現場でも100ヶ所ぐらいあります。

根気のいる作業です。
Oh!の注文住宅では 200ヶ所以上になります。
一つ一つ丁寧に・・・

IMG_9129.jpg

かずま君
この先 成長して どんな建築をしていくのか楽しみです。

おっと!
確認!
嫁は・・・ここにいます。

IMG_9094.jpg

かいちまさこは山懸さんとタイルの打合せです。
このマンションの問題点は2つあります。
一つ目
玄関からの床すべてシート貼りです。
玄関と室内床との段差がありません。
直下階の住居に対して ほとんど遮音ができていません。

段差の無い写真はこれです。
IMG_9115.jpg

このシートは剥がして
テラコッタ タイルをはります。
では室内床はどうなったか?
写真の奥に見える床が室内床になります。

そうです。
2重床で施工して直下階の遮音は完璧になりました。
手前は全てテラコッタ タイルを貼りますので自転車
や乳母車を置けるスペースを確保しました。

IMG_9119.jpg

室内床は養生をされていますので見えないですが
本花梨の無垢材15mm厚を貼っています。
賃貸マンションで「本花梨」の無垢材を使っているのを
私は見たり・聞いたりしたことがありません。
借りられる方は満足されるでしょう。
最終の掃除と塗装は 愛情を込めて かいちまさこと私でします。

本花梨の無垢材はこれです。
この塗装はウレタンですのでテカリがありますが
私達はドイツの自然塗料「リボス」を使って仕上げますので
マットな感じになります。

1karinyukadan75tate.jpg

もう一つの問題点は
リフォーム前は浴室・洗面・トイレが一緒になったスリーインワン
のタイプから浴室を独立させました。
問題点は段差です。
床と浴室の段差が20cm以上になるのではないかと
当初危惧していましたが工事をしてくれた青井さんが
うまく段差を解消して普通の段差になりました。

これが浴室との段差です。
IMG_9083.JPG

浴室はこんな感じです。
IMG_9081.jpg

洗面所です。
奥にトイレを設置します。
IMG_9074.jpg

ワンルームマンションですのでとにかく材料の置き場ばありません。
長物の切りものをする場所もありません。
ベランダは洗濯を干されている方が多くいられるので使えません。
そんなハールドルがあるとは思っても見ませんでした。
そんなことがあっても明るく言ってくれる職人達に感謝!
ありがとう・・・感謝しています。


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月17日 13:59

宝塚市K邸の外構工事

階地忠浩です。
宝塚市のK邸
昨年9月14日に棟上げしてから・・・5ヶ月
来月3月の完成です。

先日Kさん夫妻と外構の打合せを行ないました。
Oh!の外構はこんな感じです。をブログにします。

宝塚市K邸は道路面から家までの高低差が1mあります。
こんな感じです。黒い物体は かいちまさこ です。

IMG_7535.jpg

道路面から高低差がある場合の外構は立体的なデザインになります。
2年前に作らせて頂いた明石市S邸の外構が同条件で作らせて
いただいた物件になります。

先日Kさん夫妻と打合せの際にお見せしたかったのですが
その時は写真が見つかりませんでしたが・・・見つけました!
ので・・・Kさん ご覧ください。

これです。
完成直前の写真です。
自転車置き場を兼ねたスペースです。
image001.jpg

正面から見た外構です。
レンガは40年位まえの兵庫県で使用されたアンティークレンガです
表札とポストは かいちまさこ がデザインしました。
表札はインターフォンのカバーを兼用しています。

image003.jpg

アンティークレンガのアプローチ階段が美しい
image002.jpg

植栽はこんな感じで植えました。
フェンスはイペ材で作りましたので30年以上腐りません。

image004.jpg

植栽は全て かいちまさこ が手配しています。

image005.jpg


image006.jpg

宝塚市K邸と明石市S邸は地型が似ていますので
同じようなイメージの外構になります。
かいちまさこ がデザインしますので当たり前ですが・・・

参考に私達の自宅

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-02-17%2013.56.54.png

伊丹市O邸
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-02-17%2013.55.35.png

宝塚市 Y邸

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-02-17%2013.56.14.png

豊中市 K邸

750.jpg

芦屋市 T邸

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-02-17%2013.54.42.png

西宮市 O邸
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-02-17%2013.55.08.png

さあ・・・
どんな外構になるか楽しみです。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月14日 18:09

神戸市 T邸に訪問しました。

階地忠浩です。
昨年11月にお引き渡しをした。
神戸市T邸に伺いました。
外観の写真を撮るのを忘れましたので施工中の外観

IMG_7556.JPG

住まれる前のリビング本棚は・・・

IMG_7604.JPG

住まれた後のリビング本棚は・・・

IMG_8870.JPG

図書館のような本・本・本・・・

IMG_8873.JPGIMG_8872.JPG


かいちまさこ はリビングに本棚を作ります。
本がなくてもディスプレイ棚として作ります。
私達の自宅もこんな感じです

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-02-14%2018.27.31.png


ただ T邸にはチェロがあります。
Tさん家族がすんで・・・素敵な空間になりました。
IMG_8877.jpg

中庭の廊下に作った勉強コーナーも
住まれる前は・・・

IMG_7595.jpg

住まれた後は・・・
IMG_8878.jpg

住んでこそ・・・家は完成します。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年02月14日 15:44

新大阪のマンションリフォーム その2

階地忠浩です。
新大阪のマンションの1室をリフォームします。
この物件は賃貸にされる物件です。
3月中旬から入居が可能です。

さっそうと歩くかいちまさこの写真から・・・

IMG_8647.jpg

玄関を通過して・・・

IMG_8638.JPG

部屋の内部は解体が終わりましたので ここからが実際の
工事の始まりです。
IMG_8943.JPG

今日の現場状況は
天井の石膏ボードは取り払いました。
当初は予定してなかった工事ですが珪藻土が旨く
塗れないと判断しましたので撤去しました。

IMG_8964.JPG

このマンションは天井をダクトが通って外部に排気します。

IMG_8969.JPG

ユニットバスの解体も完了しています。
これが排水口です。
青井さんが綺麗に解体して頂きました。
青井さんは仕事が綺麗です。

IMG_8967.JPG

青井さんと配管方向の打合せ
やや難航
IMG_8938.jpg

大工さんと電気屋さんと打合せ
問題無し! 順調です。

IMG_8962.JPG

このマンションは管理規約に遮音等級の指定がありません。
なので こんな現状になっていました。
玄関土間と室内との高低差がほとんどありません。
ということは・・・・
コンクリートに直接 5mm程度の複合フローリングを貼っています。

これでは直下階に影響がある可能性が高いです。
借りられる方に気持ちよく住んでいただく為に選んだ施工方法はこれです。

既存の床材を遮音として残します。
その上に束を使用して50m上げ パーチクルボード15mmを敷きます。
これがここまでの施工写真です。

IMG_8947.JPG

これ以降の床施工は
パーチクルボードの上に構造用合板15mmを貼ります。
そして仕上げに
本花梨の無垢材を貼ります。
仕上がるとこんな感じになります。

これは芦屋市K邸のリフォーム写真です。
IMG_5615.jpg

リフォーム前は床から5mmの複合フローリング

リフォーム後はその複合フローロングを消音材にして
さらにパーチクルボードの厚みが 15mm
構造用合板の厚みが 15mm
本花梨の無垢材の厚みが 15mm ですので
リフォーム前 5mmから50mmの床厚になります。
これで直下階に住まれている方への騒音の配慮は万全です。

もし遮音等級の指定があった場合は
さらに遮音等級が単独でクリアーしている15mmの消音マット
を敷きます。ということは60mmの床厚になります。

マンションの床に無垢材を使用する時は安易にしてはいけません。
Oh!でリフォームをしてもしなくても無垢の床をマンションに
貼る場合は慎重に考えなければ いけません。
その理由は無垢材単体で遮音の等級を取る事はできないからです。

じゃあ
どうして Oh!がマンションのリフォームで無垢材を使用できるかを説明します。
それは、マンションの管理組合の規約によりますが
施工断面図と実際の断面のサンプルを提出して申請をします。
運が良いのかもしれませんが・・・却下されたことは一度もありません。

尼崎市のマンション(築25年)はフロリングは不可
カーペットを敷くことが 指定になっていましたが
Oh!のスタイルで申請をしたところ・・・
理事会で検討をされました。
結論は「直下階の承認を得れば許可をする」との回答でした。
実はその時の理事メンバーに設計士の方が選任されていて
その方が「この方法ならば騒音は大丈夫」と言って頂いたそうです。
やっぱり運が良いから・・・

話が脱線していますが
「マンションに無垢材を貼る場合は慎重にしましょう」と言う事です。

話をもとに戻して・・・
マンションの壁は既存を下地にしますので
配線はこんな感じで増設をしていきます。
床を隙間に配線を仕込み
IMG_8951.JPG

コンセントを付ける場所の一番下の壁に穴を開けます。
IMG_8974.JPG

増設する場所にコンセントの穴を開け

IMG_8971.JPG

リード線(針金)を通します。
IMG_8972.JPG

そしてリード線に配線を巻き付け引っぱり上げます。
IMG_8973.JPG

こんな感じでコンセントを増設します。

今住まれいる家のコンセントを増設する場合は既存のコンセント
から新規のコンセントへリード線がと通れば可能です。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

ねこたまご通信

2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ねこたまご通信

かいちまさこがさり気ない日常で感じた事や感動した事 興味のある事や好きな事を家づくりだけで無く、衣食・住に関して綴っていきたいと思います。
どうぞおつきあい下さいませ。

えりか

階地道

ワイン好きで食いしん坊な方はGM階地のうんちくコーナを
是非、お楽しみ下さい。

秀丸

カテゴリー一覧

最近の記事

過去の記事



ビジネスブログ制作