2014年05月29日 15:39

小豆島のWさんのオリーブ到着!

階地忠浩です。
小豆島に住まれているWさんにお願いして
小型のオリーブを送っていただきました。
小型と言っても2m位あります。

IMG_0295.jpg


かいちまさこのと比べるとやっぱり2m位あります。

IMG_0294.jpg

オリーブの植え込みが完了しました。
小豆島から送られる時は水を切って送られてきますので
すぐに植え込んであげないと・・・枯れてしまいます。

IMG_0297.jpg

かいちまさこが必死のパッチで植え込みをしています。
以前も道行く人が「植木屋さん」と言われていましたが・・・
間違いなく「オリーブ専門の植木屋さん」になっています。

IMG_0299.JPG

そして・・・
Oh!ショールームはアンティークのステンドグラスが
徐々に取り付けられてきました。

室内に・・・

IMG_0305.jpg

窓に・・・

IMG_0302.jpg

窓のそとに・・・小鳥
かいちまさこがデザインした小鳥の鍛造です。

IMG_0303.jpg

このショールーム・・・
道行く人が雑貨屋さんと間違えて中に入ろうとします。
だんだんショールームではなく・・・
かいちまさこのコレクションルームになっているような気がします。
彼女は自分が建てる家だけに使いたいそうです。

そんなことで良いのか
現在アンティークのステンドグラスの在庫は 72枚・・・あります。
オリーブも・・・あります。


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月28日 10:38

イペの廃材で作る!

階地忠浩です。
Oh!の家は外部の破風・フェンス・窓の周りの木部は
ブラジルのイペ材を使います。

この場所です。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.10.59.png

ウッドデッキも当然イペ材です。
イペ材は高級です。
30mmの厚みで平米15,000円します。
檜やオーク材で8,000円 ウエスタンレッドシダーで3500円です。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.11.27.png

以前住んでいたマンションのベランダにウッドデッキを
オーク材で作ったことがあります。
それも40mmの厚みで作りましたが3年後に腐りました。

イペ材の価格はすばぬけて高いのですが価格以上に価値があります。
それは腐らないことです。
昔は桟橋に使われてた木ですので海水でも腐りにくい木です。

当初はこんな色をしています。
かいちまさこはこの色を「たぬき色」と言います。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.06.26.png

数年を経過するとこんな色になります。
私はこの色になったイペ材が好きです。
昔から存在しているような風合いがあるからです。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.06.45.png

なので・・・8年前に実験しました。
これはイペ材で作った植木鉢です。
家の駐車場に置いています。
通常ならば腐りやすい状況にある植木鉢ですが
今でもまったく腐っていません。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.08.34.png

これも実験している植木鉢です。

IMG_0289.JPG

そんな万能な材料ですので Oh!の家を作る際に
残った切れ端やハンパなイペ材ををせっせと自宅に持って帰っています。
いつかこのイペ材でなにか作ろうと・・・
駐車場に確保しています。

IMG_0276.jpg

たくさん貯まったので・・・
ついに大工さんに作ってもらう日がやって来ました。

担当していただくのは蓼川大工さんと山野大工さんです。
駐車場での作業風景から

IMG_0264.JPG

廃材で作ったもの
駐車場のトユです。
昨日まではトユがありませんでした・・・・

この部分です。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.08.59.png

そこにイペ材でトユを作っていただきました。
木でトユを作ったのは初めてですが・・・
ただ・・・木で作るなんて・・・誰もそんな発想はしないと思います。
その理由は それだけイペ材は腐らない自信があるからです。

これがイペ材のトユです。

IMG_0270.JPG

トユにイペの細い棒がついています。
これは雨水がこころ伝ってながれるように工夫しています。
散水実験をしました。うまくいきました。

IMG_0268.jpg


次にブドウ棚を作りました

IMG_0293.JPG


IMG_0288.JPG

そしてここにもブドウ棚を・・・

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-28%209.09.20.png

作りました。

IMG_0266.JPG


IMG_0267.JPG

駐車場の一角にイペ材を備蓄する棚も作りました。

IMG_0274.jpg

IMG_0275.JPG

リビングの薪ストーブのとなりに薪置き場を作っていただきました。

IMG_0280.JPG


IMG_0277.JPG


そして今日からの作ってもらう工事は・・・・
アンティークのステンドグラス倉庫と化したショールームを
ステンドグラスとアンティークのシャンデリアのショールームに
変身させる工事です。

現状はこんな感じになっています。

IMG_0283.JPG

アンティークのステンドグラスを先日・・・
かいちまさこが64枚も購入しましたので・・・
こんなことになっています。

IMG_0285.jpg

ここにも・・・あります。

IMG_0286.JPG

この枠にいろんなステンドグラスを飾ります。

IMG_0287.jpg

アンティークショップと間違えるのでは・・・
と思いつつ・・・綺麗だから良いか!


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月16日 23:59

階地忠浩がいつもいつでも思う事

階地忠浩です。
今 夜中。酔っぱらってます。

お金・・・という基準のこと考えてます。
人間が考えたもの
人間しか使い得ない基準。
人間以外の生物は使いません。

当然 私達夫婦の好きな ねこの世界にもありません。

なんでお金に価値基準があるのか・・・

人の価値までも・・・お金で判断することがあります。


なんでかな・・・ギギ
images%2021.57.03.jpeg

続きを読む

投稿者:かいちまさこ  | コメント (0)

2014年05月16日 15:20

ステンドグラス64枚到着!

3月にブログで紹介させていただいた
アンティークのステンドグラス64枚が本日ショールームに届きました。
1930年頃 ロンドン郊外で建てられた家に使用されていました。
今年の3月17日
私と かいちまさこ がステンドグラスを仕入れに行った時の写真

IMG_9554.JPG


IMG_9553.jpg

5月16日 担当のYさんが自宅に届けてくれました。
車が到着!

IMG_0229.JPG

どんどん運びこまれます。
1枚・・・2枚・・・3枚・・・・・・・なんと〜 合計 64枚

なんのために・・・64枚 
Oh!の事務所の在庫が8枚をプラスして
合計・・・・・72枚あります。

IMG_0225.jpg

アンティークショップがステンドグラスを保有している数は
10枚〜20枚程度だそうですが・・・・

納品していただいたYさん曰く
この枚数はアンティーク・ステンドグラスの専門店の枚数だそうです。
かいちまさこ は相当の目利きだそうで
Yさんが良いものばかりです。と感心していました。

そしてOh!のショールームはステンド・グラスに占領されました。

IMG_0223.jpg


続きを読む

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月16日 08:47

今年は180年前の古民家をリフォーム

昨年110年前に建築された交野市NZ邸古民家をリフォーム
させていただきました。

NZ邸をちょっとだけ紹介します。
これが外観です。

980.jpg

リビングはこんな空間に変身しました。

883.jpg

今年は同じ交野市に180年前に建てられた
NO邸のリフォームをさせて頂きます。

NOさんはNZさんのご親戚になられます。
かいちまさこと幼馴染みのNZさんのご主人から
「伯母さんの家を快適にしてほしい」とご相談があり
今回のリフォームを計画することになりました。

家の前はこんな感じの道路です。
まさにタイムスリップです。

IMG_9569.jpg

P1030156.JPG

表門を・・・

IMG_9573.jpg

くぐり・・・

IMG_9574.jpg

誇れる日本の建築です。


P1030159.JPG

続きを読む

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月15日 18:35

珪藻土のテクスチャー「飛べ・・・」

芦屋市Y邸
今から8年前に建てた家に伺いました。

そのころから・・・
かいちまさこが好きな旗上地です。

専用通路・・・
雨の日にぬれないように通路の造作はイペ材で作りました。

IMG_0192.jpg

モッコウバラが育ちました。

IMG_0193.JPG

リビングを少しだけ紹介します。

IMG_9625.JPG

吹抜け部分

IMG_9633.jpg

2階の階段から吹抜け部分

IMG_0195.jpg

8年経過しても・・・
新築当時となにも変わりません。
年を積み重ねただけ・・・風合いが増しました。

珪藻土を塗った吹抜けに雲のテクスチャーをつけています。

IMG_0206.jpg

そして見つけました。
すずめ・・・

IMG_0202.JPG

ここにも・・・すずめ

IMG_0205.JPG

そして・・・
不死鳥・・・フェニックス

IMG_0199.JPG

天に向かって羽ばたけ!

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月15日 17:15

小豆島からオリーブの木が到着!

執念・・・
Oh!で家を建てた方に大きなオリーブの木を植えたい・・・
強い決意のかいちまさこが小豆島のオリーブ生産農家 Wさんに
お願いして・・・
お願いして・・・手に入れたオリーブ
2本届きました。
今回のWさんのオリーブは大きい!
高さ2.8mぐらいかな〜

まさに かいちまさこ の執念!
かいちまさこが小さく見えます。(身長158cmです)

IMG_0213.jpg

夏の間は輸送中に枯れてしまうため・・・
7月に完成する西宮市 S邸と宝塚市 D邸のオリーブが到着しました。

S邸とD邸の植栽工事は7月中旬ですので
それまで小豆島のWさんから引き継いで
かいちまさこが大事に育てます。

IMG_0214.jpg


このオリーブはミッションという種類になります。
綺麗な樹形です。

IMG_0215.jpg

かいちまさこの腕と比べてください。

IMG_0219.jpg


IMG_0220.jpg

グリーンショップでもなかなか売ってないと思いますが・・・
売っていたとしたら 15万〜20万位します。

チョットいやらしいですが・・・
かいちまさこが Wさんにお願いして
1本 市価の6分の1の金額で分けていただきました。

まさに執念・・・
小豆島のWさんに感謝・感謝・感謝 いつもありがとうございます。


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月10日 21:04

私達の自宅 「家を隠す植栽」

階地忠浩です。
人間の作る工作物は・・・
どんなものを作っても作為的です。
特に家は自然と調和させなければ はずかしい
・・・そう思っています。

自然・・・木々の力を借りて家を埋もれるようにする。
それが Oh!が作りたい家です。

私達の自宅は・・・
だんだん木々に埋もれて来ました。
6年目に入り 地に足がついた建物になりました。
あと4年で かいちまさこ の家と自然と調和が完成します。
あと4回 さくらを見れば・・・

うちのモッコウバラ
黄色と白色です。
黄色の方が早く咲きます。
10日遅れて白色が咲き始めます。
これは・・・
かいちまさこが道行く人が楽しめるようにした工夫です。
かいちまさこ曰く
「家の外観 外構は街のもの」だそうです。

連続してご覧ください。


IMG_0174.jpg


IMG_0175.jpg


IMG_0178.JPG


IMG_0177.jpg

そんな感じで家を隠す計画が進行中

住んで2年たった時の写真は・・・これですので
ずいぶん木々が育ちました。


%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-05-02%2019.00.50.png

そらから3年後
6年目の外観
かいちまさこの希望通り
建物を隠すようになってきました。

P1030210.JPG


この鉢に植えられているのもモッコウバラです。
駐車場に植えています。
これで3年目ですが・・・
鉢で植えると成長が遅くなります。
この鉢・・・木製です。
腐らない・・・
ブラジル産のイペ材
腐りません。
土をいれても水を掛けても
腐りません。
世界最強の木と言われる鉄の木です。

IMG_0156.jpg

それでもモッコウバラは成長をし・・・

IMG_0158.JPG

成長をし・・・
ん〜かいちまさこ登場
オリーブを植え込み中。

IMG_0164.JPG

そして中心でドッキング


IMG_0166.JPG

ドッキングした
この植物・・・なんでしょうか?


IMG_0167.JPG

ここが根元になります。


IMG_0159.jpg

矢印の植物

IMG_0168.JPG

そうです。ブドウです。
品種はナイアガラ
北海道の作られるワインによく使われます。


IMG_0163.JPG

そして
かいちまさこが植えていたオリーブ
これです。

IMG_0147.jpg

このオリーブの鉢
8年前に作りました。
当然 イペ材です。
腐りません。
なので再利用しても大丈夫です。

IMG_0149.jpg

私は腐ったイペ材を見た事がありません。
強い木です。
Oh!のウッドデッキ・ウッドフェンスはすべてイペ材を使います。


安価であってたとしても
腐ったウッドデッキは嫌いですから・・・

IMG_0150.JPG


そして・・・
Oh!ファミリーの方へ

この時期
水やりは気付てください。
冬の間に土・・・地球の土台が固くなります。
木々の根元にスコップで穴を掘って下さい。
この時期にしなければ夏に植栽が泣きます。
枯れかけます。

こんなふうに・・・

IMG_0138.jpg


そして「地球に」水を掛けます。
そして水をためる。

IMG_0143.jpg

そして地球に一番小さい湖ができる。

IMG_0140.jpg

それが Oh!= かいちまさこの家の作り方です。
さあ・・・
みんなで 地球に・・・命を・・・
地球のすべての生き物の
命と会話をしましょう・・・・・。


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月02日 17:41

宝塚市 K邸「ちょっと植栽を見学」

宝塚市D邸の現場確認に行く際
先日完成した宝塚市Kさんの近くのお店で昼食をとりました。
M。です。
以前はダンケという名前でしたが最近名前が変わりました。
雰囲気のある建物です。
ダンケだけにドイツか・・・
ん〜2年前に言ったスイスとドイツの国境付近にある町
シュタイン・アム・ラインあたりの建物に似ています。


IMG_9836.JPG

かいちまさこはこの店の雰囲気が好きです。
なので嬉しそうです。
いつも、食べるのはサラダセットです。

IMG_0113.JPG

食後・・・
先日お引き渡しをしたK邸に「ちょっと植栽を見学」

Kさんが住んでいます。
車があります。

IMG_0094.jpg

ぐるりと撮影

IMG_0095.jpg

小豆島のWさんから分けていただいたオリーブ

IMG_0097.jpg

オリーブの根元も綺麗です。

IMG_0099.JPG

ネットを張ってクレマチスを育てています。

IMG_0098.jpg

植栽とアンティークレンガ 色彩の相性が良いです。

IMG_0102.JPG

IMG_0104.jpg

IMG_0103.jpg

アンティーク レンガ 使用枚数 2000枚以上です。
外構のMさん2000回以上レンガを積んだことになります。
ありがとうございました。

ん〜なにかいる・・・
うさぎ
こんにちは・・・

IMG_0108.JPG

緑あふれるK邸

IMG_0110.JPG

ネギもかっこ良く見えます。

IMG_0111.jpg

植栽が完成するといつも思う事があります。
家に魂が入ったという感覚です。

IMG_0112.JPG

そして施主さんが引っ越しされると・・・
嫁に出したという感覚になります。


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2014年05月02日 15:45

西宮市 S邸・・・日々精進!

階地忠浩です。
西宮市S邸
かいちまさこが大好きな地形
旗上地です。

P1030742.jpg


外壁のスイス漆喰も完了しました。
Oh!の家の外壁はすべてこのスイス漆喰を使います。
最初に使ったのは・・・11年前になります。
それから・・・・この材料以外  外壁に使ったことがありません。

04101609_4f83dca7a2983.jpg

余談ですが・・・この材料 1缶 22,400円
通常 Oh!の家では 72缶 使用しましたので・・・
22,400円 × 72缶=1,612,800円
ん・・・・高額です。
樹脂系の材料ならば半分位で購入できます。

それでもスイス漆喰を使う理由は・・・
簡単に説明すると
①自浄作用にすぐれ いつまでも白い壁が保てます。
 スイスの現地で50年前に塗られた漆喰を確認しましたが 綺麗です。

②骨材が入っていて ひび割れにくく ひびが入っても補修が簡単
 素人でも補修は簡単にできます。

この2つの理由が大きな優れた点です。

当然 私達の住んでる家もスイス漆喰です。
住んで6年目に入りましたが 白を保っていて綺麗です。


住宅ローンの期間
ほとんどの方が35年で組まれます。
ならば 家も35年以上 住める家
それも 安価なメンテナンス 
できれば 住まれた方が補修できる材料を考えると
このスイス漆喰になりました。


こんな感じで完成しました。

P1030743.jpg

この材料はサイディングの上から塗れません。
安易に考えて塗ると・・・
私の予想では10年〜15年後に剥離する可能性が高いです。


P1030746.jpg

手間と時間が掛かりますが・・・
モルタルを下塗りしてから2週間乾かします。

モルタル「 荒塗り」

IMG_9345.jpg

そしてモルタルで仕上げます。

モルタル「仕上げ」

P1030606.jpg

モルタル「仕上げ」後 さらに2週間乾かします。
そしてやっと「スイス漆喰」が施工できます。

Oh!の家に住まなくても・・・
人の手が多く掛かっている家は嘘をつきません。
必ず良い家になると思います。

安藤忠雄さんがこんなことを言われていました。
「いまでも 手にいっぱい傷があったりして懸命に働いている
 ことが伝わってくる人を私は信じています。
 まじめに打ち込むことが評価されない。
 利己的で功利的で・・・どうも地に足がついていない。
 いま当たり前になっている そんな意識を正さなければ未来はない。」

そして最後の言われた言葉
「ものづくりは お金づくりではない。」

安藤忠雄さん 私も日々精進します。

話をもどして・・・
S邸は2世帯住宅になります。

子世帯のリビング

P1030771.jpg

P1030772.jpg

P1030775.jpg

子世帯と親世帯は この中庭で分かれています。
子世帯のリビングは1階
親世帯のリビングは2階になります。

P1030762.jpg

親世帯のリビング
リビングの造作はどなたさまにも漏れなくついてきます。

P1030757.JPG

P1030755.jpg

P1030764.JPG

手にいっぱい傷のある蓼川大工と かいちまさこ
ほのぼのしています。

P1030754.jpg

かいちまさこはモザイクタイルが好きです。
なので 当然こんな提案になります。
これもOh!で家を建てると もれなくついてきます。

イタリア ベニスのガラスモザイク「ブルー」

P1030766.jpg

イタリア ベニスのガラスモザイク「グリーン」

IMG_0126.jpg

日本 轟のモザイクタイル「ホワイト」

IMG_0124.jpg


リビングにもれなくついてくる大工造作家具
こんなところにも・・・
モザイクタイルが貼られます。
雑巾掛けをする際に壁にあたるのでタイルか・・・
普通は木片を使うでしょうが・・・こだわりか・・・

IMG_0127.jpg

手間はかかりますが確かにモザイクタイルの方が綺麗です。
職人の手をたくさん掛ける家は嘘をつかない・・・・


かいちまさこ「ものづくりは お金づくりではない」を地でいく。
私は・・・日々精進させていただきます。

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

ねこたまご通信

2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ねこたまご通信

かいちまさこがさり気ない日常で感じた事や感動した事 興味のある事や好きな事を家づくりだけで無く、衣食・住に関して綴っていきたいと思います。
どうぞおつきあい下さいませ。

えりか

階地道

ワイン好きで食いしん坊な方はGM階地のうんちくコーナを
是非、お楽しみ下さい。

秀丸

カテゴリー一覧

最近の記事

過去の記事



ビジネスブログ制作