2015年09月22日 16:01

宝塚市 H邸 完成 雑誌取材 その3

こども部屋のベットにもどります。
下部は収納上部がベットになっています。
逆に下部がベットでも使えます。


P1150678.jpg

ベットからロフトへ続きます。

P1150698.JPG

ロフトから こども部屋を見下ろすと こんな空間が広がります。

P1150718.JPG

ロフトから奥に見える扉を開けるとベランダにつづきます。

P1150716.JPG

ベランダからの風景です。

P1150725.JPG

こども部屋から主寝室へはロフトでもつながっています。

P1150728.JPG

続きを読む

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2015年09月22日 14:54

宝塚市 H邸 完成 雑誌取材 その2

2階への階段
ゆっくり上がれるように段数を多くしています。

P1150670.jpg


階段の照明器具です。


P1150692.jpg

こども部屋の勉強コーナーです。
Kちゃん 睡眠中にすみません。


P1150671.JPG

そして こども部屋です。
真ん中でしきれるように作っています。
大工造作で作った2段ベットです。
上部がベット下部が収納になっています。
こども部屋の面積は狭いですが天井の高さを
有効に活用することによって生活空間の面積は広くなります。


P1150673.JPG

フェンスはリビングの吹抜けに続きます。

P1150680.JPG

フェンスから見下ろします。
ステンドグラスは かいりまさこ のコレクションから選びました。
1920年頃に制作されロンドン郊外で一般住宅に使用されていた
アンティークのステンドグラスです。
これも標準工事に含まれています。
アンティークの為 びたっとあうサイズのステンドグラスはないので
格子をいれて違和感がないように工夫しています。
このあたりの工夫がさすが空間デザイナーだなと感心します。

P1150686.JPG

そして本棚へと続きます。
本棚の上部に間接照明を仕込んでいます。

P1150685.JPG

P1150684.JPG

次回へ・・・

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2015年09月22日 12:05

宝塚市 H邸 完成 雑誌取材 その1

今年の2月に完成した宝塚市H邸に雑誌取材に伺いました。
外観からです。
外壁はスイス漆喰 
サッシはスウェーデンの木製サッシとエクセルシャノンの樹脂サッシ
バルコニーのフェンスと破風は世界最強の木 ブラジルのイペ材
軒は外壁をいためないように出来るだけ出しています。
最近の建築は軒をださない家が多いですが・・・
軒の出が短いと雨の日に小さい傘をさすようなものです。

P1150588.JPG

玄関へのアプローチです。
播磨の付近で使われていたアンティークレンガを使っています。

P1150595.JPG

玄関の庇はできるだけ広く・長くします。
最近は庇を簡易型でされる家が多いですが
その場合は短くなりますし玄関としての風格が乏しくなります。
玄関のドアはスウェーデンの木製玄関ドアです。
ネームプレートとポストは かいちまさこがデザインしたオリジナルです。

P1150598.JPG

玄関ドアを開けて室内へ
玄関土間はアンテークレンガです。
右の扉はシューズインクロークです。
正面は中庭になります。
玄関の照明は天井への光源を生かした建築化照明になります。
左の下駄箱の下にも照明器具を仕込んでいます。

P1150616.jpg


続きを読む

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2015年09月03日 18:06

Oh!流の寿司屋さんを造る。その2

木造住宅を店舗にする場合の問題は上階からの音漏れです。
問題になったのは赤の天井部分の音漏れです。
床のラインは厨房内の床配管とグリストラップの影響で床が
あがってしまうラインになります。

かいちまさこの趣味の倉庫となっていたショールームです。

IMG_6497.JPG

そして現在の工事風景

IMG_6999.jpg

天井の音漏れ対策をどうするか・・・
いろいろ考えました。

一般的は天井の構造はこうなっています。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202015-09-04%2012.45.09.png


そして結論は、綺麗に仕上がっている天井を取払い。
新たに上の図にある2床根太の倍に増やし2階の床をガッチリ固定させます。
そしてグラスウールを大量に詰め込みます。

IMG_7004.JPG


もともと綺麗に仕上がった天井を解体して作り直すことによって
ほとんど2階を歩いても下には音はもれなくなりました。

お金がもったいない・・・とは思っても
やらなければならない工事を目をつぶると・・・
なにごとも 最終的に取り返しのつかないことになります。

結果は解体しないとわからなかったので
ちょっと躊躇しましたが、効果が覿面でしたので
「やったー」とガッツポーズでした。

この防音方法、時間と手間は掛かりますが・・・
プランと状況に応じてOh!の家に取り入れようと思います。
特に2世帯で1階に親御さんが住まれる場合は有効です。
Oh!で考える 良い家は「施工の手間をおしまない」これが鉄則です。


投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

2015年09月03日 17:33

Oh!流の寿司屋さんを造る。その1

私達の自宅1階にある かいちまさこの趣味の倉庫(Oh!ショールーム)
を縁あって Sさんが お寿司屋さんをされることになりました。
内装デザインは かいちまさこにすべて「おまかせ」だそうで・・・

どんな店の雰囲気になるかをSさんにわかって頂くため
何十枚もデザインスケッチを描き続けています。

Sさんとの打合せ風景

IMG_7030.JPG

スケッチ図・・・

IMG_7017.JPG

平面図。
カウンターはアールになります。

IMG_7025.JPG

玄関を入ったところです。
スロープで入ります。
店舗名は「一心」に決定しました。

IMG_7028.JPG

カウンター断面。


IMG_7023.JPG

ドリンクコーナー
ここもアールのカウンターになります。


IMG_7024.JPG

仕込みをするキッチンになります。

IMG_7021.JPG

個室です。
となりのアール壁は化粧室になります。

IMG_7018.JPG

カウンター内部の調理スペースになります。
アールです。

IMG_7020.JPG

調理スペースに用意したおむすび型の焼き台

IMG_7022.JPG

サービスカウンターです。
ここもアールです。

IMG_7029.JPG

化粧室になります。
広い・・・

IMG_7027.JPG

玄関アプローチになります。

IMG_6996.JPG

配管は完了しました。

IMG_7002.JPG

床の下地工事です。

IMG_7005.JPG

そして吉田大工と打合せ。
このデザイン・・・難しいだろうな〜

IMG_6998.JPG

味も内装も芦屋で1番の寿司屋さんになるように頑張るぞ!

投稿者:階地忠浩  | コメント (0)

ねこたまご通信

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ねこたまご通信

かいちまさこがさり気ない日常で感じた事や感動した事 興味のある事や好きな事を家づくりだけで無く、衣食・住に関して綴っていきたいと思います。
どうぞおつきあい下さいませ。

えりか

階地道

ワイン好きで食いしん坊な方はGM階地のうんちくコーナを
是非、お楽しみ下さい。

秀丸

カテゴリー一覧

最近の記事

過去の記事



ビジネスブログ制作