Oh!Webサイトトップページへ / 高級既製住宅プレタ・メゾン
高級既製住宅プレタ・メゾン

以前から、建売住宅の企画やプランをする際に、「単なる『建売住宅』を創るのではなく、ブランド化されたここにしかない・吟味された・こだわりの『家』を創りましょう。そうすれば、ハウスメーカーに依頼する層とも、また一般の『建売住宅』を買う層とも、違う層をターゲットとして確保できます。身近な例で言うと、一般的な既製の服を買うのと、パリでオートクチュールの服を仕立てるのとでは、シチュエーションにも価格にも大きな開きがあるが、私たちはその中間にある、高級既製服である、『プレタ・ポルテ』を目指しましょう!」と話して来ました。
Oh!の自社物件をスタートさせる今、住宅ブランドとしてタイトルを考えると、この「pret-a-porter」の発想を取り入れる必要を痛切に感じます。

「pret-a-porter」自体、1945年にパリのアルベール・ランプレール氏がアメリカの既製服の実態を取り入れた事業展開を考えたときに、「用意された」を意味する「プレ」と「着る」を意味する「アポールテ」の造語として生み出したものです。以前の既製服は「コンフェクション」と呼ばれていましたが、品質の悪い安価なイメージであった為、それとは一線を画す、高級既製服を意味する言葉として、「pret-a-porter」は1960年代以降急速に普及しました。オートクチュールの対語としての認知も高いですが、共に「高級感」というブランド力には共通点があります。

Oh!の「pret-a-maison」はそれと心を同じくする造語です。世に言う『建売住宅』・ready-made houseとは違う、Oh!の目指す高級既製住宅にとってはもっともふさわしい、ブランドネームであると確信しています。
今後のOh!の自社物件には「pret-a-maison」という冠をつけ続けていきたいと思います。
階地昌子
 「プレタ・メゾン」は現在商標登録出願中
<出願(申請)番号/商願2005-13830>