トップページ / 施工事例 /

芦屋市K邸 

Oh!施工事例

 芦屋市K邸 

2013年に竣工したK邸です。芦屋川の緑あふれる場所です。
長細い敷地「間口7.3m 奥行き22m」の形状を逆に生かして 
2世帯 7人が快適に暮らせるように立体的にデザインしました。


902.jpg

 

玄関の上部は吹き抜けています。
天井にはデンマーク ベルックス社の電動天窓を設置しています。
この天窓・・・雨が降ると自動で閉まります。
なので・・・・夏は開けっ放しで外出ができます。

886.jpg

リビングから芦屋川を望めます。
鳥の声・・・
滝の音・・・が木製サッシを開けると聞こえます。
木製サッシはスウェーデン エリートフェンスターの商品で
ガラスが3層になっています。
なので・・・防音に優れていて 閉めると外の音は聞こえません。

850.jpg

薪ストーブの上部は吹き抜けています。
あとで紹介しますが・・・ここがK邸のポイントです。
このストーブはオーストラリア ピキャンオーブンです。
クッキングストーブで上部で燃焼させた熱を下部に伝えます。
下部はローストビーフなどのオーブン料理に使います。
さらにストーブの上で直火で料理も楽しめます。

874.jpg

振り返ると・・・
Oh!のキッチンは かいちまさこ がオリジナルで制作しています。
食器収納は引出し式で構成させています。
天板はステンレス 前板はタモ無垢材を使用しています。

862.jpg

2階への階段を上がると・・・
これがポイントになります。
2世帯が集うリビング(1階)と子供のためのセカンドリビング(2階)
そして広いロフト(26㎡)による3層構成
法的な条件をクリアしつつ2世帯7人の家族がゆったりとくらせる
空間を確保するために立体活用による縦のつながりをプランしました。

806.jpg

セカンドリビング

783.jpg

ロフト
ロフトは3分割して収納スペースや書斎コーナーに。
圧迫感を払拭するためにに木製のフェンスによって
吹抜け空間と一体化できるようにしています。

826.jpg

玄関吹き抜けに面したミシン・パソコンコーナー
アンティークのステンドグラスは1930年頃 
イギリスの作品です。
かいちまさこ が収集をしているコレクションから提供

819.jpg

皆さん
これからも家のこと・・・よろしくお願いします。

924.jpg