芦屋はやっぱり高級住宅街!
ご存知の通り、関西随一の高級住宅街として知られる芦屋。その中においても「六麓荘町」といえば、超!がつくほど高級住宅街としてその名を知らない人がいないほど有名ですよね。バブル崩壊後は、空地も目立ち、土地の価格も下落したものの、ここに来てまた盛り上がりを見せています!さすがは六麓荘町ですね。その六麓荘町に、なんと豪邸しか建ててはいけない…などといった全国初!?の条例の改正案が提出されました。ニュースなどで取り上げられていますので、知ってる方も多いでしょが、その内容は、最低敷地を400㎡(約121坪)以上、かつ高さは10mなど、まさに「豪邸」しか建築できないようになります。すごいでよね芦屋という街は…。いうまでもなく、本来の目的は「豪邸」を建てさせることではなく、まちなみを維持するためのものであり、永続的に「六麓荘町」の住環境を守るためのもので、私としては、街の景観に行政の法的拘束力ができたことは素晴らしい事だと思います。評論家と呼ばれる方々の中には反対意見などもあるようですが、街の景観そのものを高めてゆけば、強いては、その土地の資産価値を高める結果に繋がり、それこそが、行政の行う本当の意味でのまちづくりではないかと考えますが…
「住」に対する意識が高い方が多いここ芦屋だからこそ、この動きが、その街々に応じた形で、全国へ普及してゆけば、本当の意味での「美しい国、日本」になるかもしれませんね…
投稿者 竹中猛 : 20:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ashiya-oh.co.jp/mt/mt-tb.cgi/219

コメント

コメントしてください




※イタズラ等防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できませんが、表示はされません。ご安心ください。



※もしホームページ等をお持ちであればご記入ください。

次からのコメント入力の手間を省くために、お名前やメールアドレスを記憶しますか?