芦屋検定!

芦屋といえば…、高級住宅街! 
「東の田園、西の芦屋」 と言われるだけあって、正直なところ、このイメージが最もメジャーでしょうが、このほど、来年2月10日に、芦屋の歴史や商業・工業・人物・地理などから構成された「芦屋検定」といわれる資格試験が登場します!問題は全部で100問。 「芦屋=高級住宅街」のイメージが先行し、サラリーマン世帯の芦屋市からの人口流出が多いため、芦屋市の街の魅力をより多くの方に知ってもらい、愛される街づくりのきっかけになれば…との取り組みのようです。試験問題はなんと公募!芦屋の街を深く知るあたなの問題が試験にでるかも知れませんよ^^
詳しくは、芦屋市商工会まで…  第一回検定は2月10日 受験料3,000円

投稿者 竹中 : 12:25 | コメント (1) | トラックバック
偶然見つけました!
くどい!?^^ですが、誕生日ネタをもう一つ! 私の誕生日と同じナンバーをつけたタクシーを、昨日の誕生日に発見!この偶然は何かいいことが起こる前兆!?
img.jpg
投稿者 竹中 : 16:00 | コメント (1) | トラックバック
33歳!誕生日!
今日は、私の33回目の誕生日。年に一度の自分自身が誕生した記念日は、どなたにとっても大切に感じるところ。しかも今回の誕生日は、「33」という数字の組み合わせが、特別に!?感じるところもあり、それだけに、お祝いされれれば嬉しいものですよね…!?って、朝パソコンのメールを開くと、会員になってる企業から、なんとも味気ないバースティーメールばかりじゃないですか! …それでも、大切に思える人からのメールが来ることを今か今かと待っている…、そんな純粋な私です^^ 
大切な人…!?それは、もちろんこのブログを見て頂いてる皆様ですよ~!と言う訳で、只今バースディーメール&バースディーコール受付中!^^
投稿者 竹中 : 10:20 | コメント (3) | トラックバック
頑張れニッポン!アジア合衆国!
いきなりですが…、経済・軍事力・GDPなどなど、世界経済をある意味で支配!?していると言っても過言ではないアメリカ合衆国。そのアメリカが、次に世界支配を目指している金融。その野望は、アメリカに踊らされることの多い、他ならぬ日本(円)にも向けられおり、それだけに、ここは一つ「ドル」に対抗する基軸通貨を確立させる必要を感じませんか? 「ユーロ」などはそのいい例で、マルク・フラン・ドラクマなどの複雑なヨーロッパ通貨が、「ドル」に巻き込まれてゆくことを懸念して誕生した統一通貨であり、言うならば、”ヨーロッパ合衆国誕生”ともいえます。こうなってくると、我が国日本も、ドル主体の経済から脱却しつつ、東南アジア諸国連合プラススリー(ASEAN+3)を主体とした東アジアにおいて、「円」を基軸とした”アジア合衆国”を誕生させては如何でしょう?(大切なのは基軸通貨が「円」であることです^^)
世界は今、大金融恐慌に向かっています。アメリカのサブプライムローン問題などはほんの隠れ蓑に過ぎず、これからもっと深刻な事態が世界で起ころうとしています。でも、そこでも重要なポジションにあるのが、やっぱり我々日本の「円」なのです。一説によると、日銀が金利引き上げをすると世界金融恐慌が起こるとまで言われています。しかしながら、「円」が世界の基軸通貨となるには、日本国家の意識的な部分でまだまだ問題が山積みのようですが、それでも、世界経済にとって「円」という通貨が、極めて重要なポジションへと日々進歩していることも事実。 頑張ってください!日本の政治家などの皆様! そして私は日々の業務である「物確」(売出し中の物件を見に行くこと)にでかけてきま~す!^^
投稿者 竹中 : 15:57 | コメント (0) | トラックバック
夏はやっぱりアウトドア!①


毎年恒例の夏のキャンプに家族で行ってきました!場所は岐阜県奥飛騨温泉郷の平湯温泉キャンプ場です。

<8月9日>

IMG_0759.JPGIMG_0744.JPGIMG_0741.JPG芦屋を出ること約5時間。夜中の3時に出発して宮川の朝市で有名な高山へ立ち寄ったにもかかわらず8時半にはキャンプ場へ到着。早速場所探しです。このキャンプ場は、自然をそのまま活かしたサイトになっていて区画の大きさもバラバラです。水場に近く、広くて周囲との間隔もゆったりとしたベストポジションをゲット!早速テント張り。すっかり馴れてテントとタープは30分程で設営できました。その間に朝市で買ったとうもろこしを茹で、食べてみるとその甘さとみずみずしさに感動!

IMG_0762.JPG昼食は平湯温泉で評判の宝ラーメン(高山ラーメーン)。かつIMG_0766.JPGおダシがきいたあっさりラーメン。これがめちゃ旨! 何杯でもいけそうです。

その後、宝ラーメンの目の前の温泉たまご(はんたい玉子)と天然水デ冷やしたラムネをゴクリ。

IMG_0783.JPG

IMG_0781.JPGその後は、新穂高ロープウエーに乗って標高2156メートルの雲上の景色を堪能。

山の気温差に子供たちもびっくり。

IMG_0825.JPG

IMG_0826.JPG川原でちょっとひと遊び。

山の空気のすがすがしさ、10秒と足をつけていられない程の川の水の冷たさ、そんな自然の感覚を子供たちにいつまでも覚えていて欲しいと思います。

いよいよ1晩目の夕飯の準備です。今晩のメニューは、「チキンのコーラ煮込み」とチキンの網焼きです。(前日に地鶏を買い過ぎチキンづくしです) エッ、コーラで煮込むなんて!?と思われるでしょうがこれが何のめちゃくちゃ好評でした。(ダッチオーブン料理の定番だそうです)要は、コーラは砂糖代わりってことでしょうね。

投稿者 幸保和明 : 14:48 | コメント (0) | トラックバック
出来たー

なんとか形になりましたが、まだ完成していません(-_-#)今週末に使うので、中途半端ですが強行します!!延べ制作日数、4日………まぁ時間にすると20時間位かな…それにしても、焼けました!真っ黒けっけ。小学生にも負けません(笑)
制作中ご近所の方々が「何作ってんの~?」と声を掛けていただき、なんと自家栽培した野菜達(トマト・キュウリ・ナス特にトマトが美味しかった!)を差し入れていただいたり、ヨーグルトをいただいたり…(大豆でできたヨーグルト。メチャうまっ)ご近所付き合いに幅が出てきて嬉しいなぁ~っと思ってますo(^o^)oバーベキューコンロ御披露目会をする予定~(そんなに良いものじゃないけど(爆)

P'S ところでいつします?20070808181200.jpg取り皿と箸を用意してお待ち20070805182459.jpgしておりま20070805165836.jpgす(笑)20070808181242.jpg

投稿者 幸保和明 : 17:11 | コメント (0) | トラックバック
遅くなりましたが…

先日、富士山に登ってきます…と言い残し、ご来光画像を携帯メールで送ったまでは良かったのでが、ブログにアップできておりませんでした。お客様からの声にお応えすべく、遅くなりましたが「ご来光」の写真をご覧下さい! なお、画像を少しでもたくさんアップできるように、追記記事に掲載していますので、このブログの下の「続きを読む」をクリックしてください。
雲海から、太陽が昇る風情などは、本当に感動的です!皆様も是非富士登山をトライしてくださいね。私はもう十分ですので…^^


image.jpg  ←山頂まで登った証明です!

富士登山画像集

いよいよです                       本日の登山目標「八合目」時間はすでに23時すぎ
P1050640.JPG  P1050648.JPG

ご来光間近                       来ました~!
P1050653.JPG  P1050663.JPG

思いっきり逆光ですがそれでよし!           美しすぎるほどの雲海…
P1050673.JPG  P1050683.JPG

富士登山終了!
P1050690.JPG


投稿者 竹中 : 18:23 | コメント (0) | トラックバック
日本が目指すべき「アジアのモナコ」

ついに実現なるか!? FIAのバーニーエクレストン副会長が、東京の市街地でF1を行なう構想を提案したそうです!もし、実現すれば画期的なだけではなく、今後の日本を大きく動かすイベントになるかも知れません・・・!?

富裕層国家といえば皆様もご存知「モナコ」。今や、モナコは世界最高峰の富裕層国家ですが、歴史を辿ると、ルイ2世の在位中はヨーロッパの目立たぬ小国だったそうです。欧米の富裕層を呼び寄せるため、有名レストランやホテルを誘致し、カジノを作り、サーカスやバレエ、F1グランプリなど、富裕層が好みそうなイベントなどを毎月開催し、現在のモナコとなったそうです。
昨今、アジア圏では、中国や韓国に富裕層が多く育ってきています。 (富裕層という言葉を口にすると、常に格差社会の問題がクローズアップされますが、そこは別の機会にメスを入れるとして…) その結果、中国や韓国に世界の富裕層が集まり、「アジアのモナコ」化してゆく他国を横目で見続けるぐらいならば、戦前から連綿と続く長い富裕層歴を誇る日本こそ、「アジアのモナコ」に相応しく、今こそ、国家をあげ「カタチ」にしてみてはどうでしょう!? 日本人としての誇りが希薄になってきた感のある今日だからこそ、私達の親が作り上げてきた「大国日本」の誇りを、「文化」に変えて世界に放出しようではありませんか! …と言っておきながら、私には縁のない富裕層社会だけに^^、トレンドリーダーとなる日本の富裕層の皆様!どうかよろしくお願いしま~す!
繊細なほどの「日本人流おもてなし」(文化)は、欧米とはまた違った「カタチ」で、きっと世界に受け入れられると思いますが…。

投稿者 竹中 : 19:36 | コメント (0) | トラックバック