金メダル

冬季オリンピックで日本人が活躍!?などと言ったおめでたい話ではありません…

皆様もご存知の通り、国の借金が過去最大となる事で、管財務大臣の発言にまで及ぶ結果となっています。2011年3月には約1000兆円となる借金は、国民一人あたり約680万円。2009年度の税収が36.9兆円ですから、今後、日本のGDP成長率が大幅にプラスに転じると、現在の長期金利1.35%も上昇し、仮に4%まで上昇すると税収のすべてが利払いだけで消えてしまうそうです。もしも最悪、日本が破綻したら「アメリカ合衆国日本州」なんて事に…!?(アメリカも破綻の可能性が高い州があるようですから可能性は低い…!?)

でも目下、今の注目は冬季オリンピックですね^^選手の皆さん!「本物」の金メダルを目指して頑張ってくださいね^^ 私も毎朝早起きして応援しています!

投稿者 竹中猛 : 19:25 | コメント (0) | トラックバック
暇つぶしに…

先日、ある海外TVのトーク番組を見ていたところ、イタリア人女性から見る「嫌いな男性のタイプ」についてこんな結果がでていました。

①服装に気を使わない人           ②ケチな人
③話がつまらない人              ④ナルシスト

舞台となる国がイタリアだけに①の服装に気を使わない人は納得ですね。でも、ある女性は、「お洒落さを求めるよりは身だしなみですね。身だしなみに気を使わない男はOUT!」ですって…。さらに、「お洒落な人でも、ブランドモノに身を固めて、上から下まで『バリバリキマッってます!』的なノリの男は苦手!」とも…。さりげなくブランドモノである事がわかるセンスが大事なようですね^^ かと思えば、ケチは嫌いと言われる訳ですが、番組では「相手に対する思いやりや寛容」が含まれている、とまとめていました。女性から好まれる男性像は、結局のところ万国共通ってことですね^^ では男性はどうでしょう。イタリアの男性は、クラブやラウンジなどに行き、お金を払って女性に相手をしてもらうなどと言った感覚はないようです。むしろ、そういったお店に行かなくとも女性と仲良くなる事に価値を見出すようですから、そういった意味でも、トーク番組にでてきた昼間の女性の街頭インタビューなどは非常に気になるところでしょう。男性もまた万国共通ってことですね。
(ここ日本では夜の女性に期待する男性もたまに見受けられますが…^^)

今日はバレンタインデーです! たくさんの恋や愛が実を結ぶことを願ってます!^^

投稿者 竹中猛 : 11:24 | コメント (0) | トラックバック
もらっちゃった!!木の名刺入れ

画像 025.jpg階地さんのお気に入りグッツのひとつに木の名刺入れがあります。数年前から使用していてかっこいいなあと思っていたのですが、今日頂いちゃいました。しかも新品。

旭川の木工作家・丹野 則雄さん(クラフト&デザイン タンノ)の作品だそうです。

もちろん一品一品手作りで木のぬくもりを感じつつもすっきりとしたデザインで一生モノです。  いただいたのはウオールナットからできています。グランドハイツの床もウオールナットだったので余計に愛おしくなりそうです。   1枚の木を3センチに切り分け真ん中をくりぬいて加工しているのだそうですが、どこからどう見てもつなぎ目が分かりません。 おまけに蝶番までもが木でできているという懲りようです。  これにおなじみのリボスのオイルを塗ったりしながら年季を重ねて自分のモノにしていこうと思います。  階地さんありがとうございます!! これで僕も立派なデザイナー仲間です!???

画像 027.jpg画像 026.jpg

投稿者 幸保和明 : 10:44 | コメント (1) | トラックバック
ちょっとバタバタで…
明日は14日。バレンタインデーと言うことで、一日早いですが妻と食事に行ってまいります。私事で失礼ですが本日のブログはこれにて…^^
投稿者 竹中猛 : 19:51 | コメント (0) | トラックバック
神戸東灘土地区画整理事業

突然!我が家に神戸市から「土地区画整理事業に基づく精算金」の案内状が届きました…。そうなんです!我が家は「東灘山手地区土地区画整理事業中央工区」にあり、まさに地権者なのです!ただ、仮換地面積が登記簿面積より大きく減るであろう事は、不動産を購入する際に知っていました。しかし、評価額がどれほど上がるまでは解らなかったので、ドキドキしながら封を開けると…

神戸市東灘区の「神戸山手地区土地区画整理事業」。神戸市としては、戦後最大の戦災復興として整備が進められてきました。その歳月はなんと45年。昨年12月末に精算金が確定したことで、対象となる6091人の地権者に「換地処分通知書」郵送されました。しかし、6091人の対象のうち1032人の方は、区画整理による精算金の徴収がなされるようで、その額なんと平均で230万円…。根拠を示さない市に対して、住民の不満が高まっているようです。精算金の支払いは10年間の分納も選択できますが、支払わない場合は差し押さえもありえるとする神戸市。
「住民の視点に立った情報公開と十分な説明が必要である」とする地権者。対して、「公開期間以降、地権者には詳しく説明している」とする神戸市。そして有識者はこう言います「街づくりとは、行政と住民が協働して進めるという意識を、行政側はもっともつべき」と…。

…ドキドキしながら封をあけると「精算金交付の案内」がありました…。正直、ホッとしましたが複雑です…

投稿者 竹中猛 : 21:02 | コメント (0) | トラックバック
持続可能経済

平成に入り日本政府は出生率を上げようとしています。出生率の減少で労働人口が減ると、生産が低下し日本経済が低迷。その結果、グローバル経済における日本の競争力がなくなるというのが理由のようです。しかし、人口が減るにも関らず失業率が増加する日本での更なる人口増加は、貧富の差を生む事になるというのです。

そもそも今日の経済成長は、機械やコンピューターの発達による労働者あたりの生産性の向上にある。この傾向は今後、更に強まるであろう。にも関らず、人口増加を目指すのは、消費するための消費者が必要だからにすぎない。人口を増やし、生産を増やし、消費を増やす…。そのために使われる資源やエネルギーを増やす「経済成長」こそ、私たちが目指す「豊かさ」であり、成長神話かのように伝えられている。だから先進国の多くが「経済成長」を国家政策の最優先事項に掲げている。しかし、「経済成長」を追い求めるばかりの「経済システム」こそ問題なのである…。
永遠の成長を目指す人は、多くのものを持っていてもまだ足りないと言う。そして、更なる富の蓄積を求めて、地域からグローバルへと拡大していったその「貪欲さ」が、経済危機や失業をもたらしている。機械が作りだす大量の製品を消費するための「人口増加」は、機械の速度に人間を合わせているに過ぎない。目指すべきは、人間中心の社会である。

なるほど…
だた私事で言えば…、芦屋は最高ですよ!美味しいレストランは多いですし、お洒落なショップも多くあります。いい意味で田舎の芦屋ですから、子育てにも申し分ない住環境です!それに、オーナーがソムリエのお洒落なワインバー「ららん土」まであるんですよ^^ そんな芦屋ですから、きっと素敵な出会いもありますよ…^^ 是非一度、芦屋に足をお運び下さい。そして「Oh不動産」で家を借りましょう!なんでしたら買っちゃいましょう!(立派な方の見解などそこそこに、芦屋限定にして人口増加を暗に狙う発言…^^)

投稿者 竹中猛 : 17:56 | コメント (0) | トラックバック
Changing ~ふたつの時間~

昨夜は、以前勤めていた会社の先輩の結婚式に出席させて頂きました!家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いてる先輩だけに、妻もお二人の式が気になった様で、私が撮ってきた写真を見ながら微笑んでいました^^ そういえば、私が結婚したときの事を思い出します…


相手を想う気持ちや関係は少しづつ変わっていきます
想いが穏やかになり、距離が近くなることで
静かな時間が過ぎてゆきます
そういう変化で、ドキドキしたりワクワクしたりする事も
時間と共に少なくなっていくでしょう
でもそれは「想いのカタチ」が変化しただけです
好きという気持ちが「カタチ」を変えただけです

ドキドキ、ワクワクだけが「好き」と思っているならば
いつまでたっても「その先にあるもの」にはたどり着けません
そんな関係を繰り返し求めるひとは
言わずとも、まわりに必ず見抜かれているために
そういう行動が自分にとってどういう意味を持つのかを
あとになって気づかされます
今だけしか考えないことは
未来の時間を生きない」のと同じであり
反対に、現実を見ずして先のことしか見ないのも
今の時間を生きていない」のと同じだからです。
つまり、このふたつの時間は繋がっているのです。

気持ちを続けることは難しいものです
だからこそ、はじめの気持ちを忘れないように
今の時間、これからの時間を大切にしていくことです
だって同じときに、同じ想いを感じた人と出会えることは
とても幸運なことなのですから…
想いがとどくこと、想いがかなうこと、想いがつづくことを願って…


ある本の言葉です…。!?難しく語るより、心の気持ちを言葉にすることですね^^
ってことで、心からお二人の幸せを願ってます!いつまでもお幸せに^^

投稿者 竹中猛 : 16:32 | コメント (0) | トラックバック
One man - one engine

トヨタ自動車の大量リコール問題で、日本車ブランドが危機的状態です。
以前、私はトヨタディーラーに勤めていただけにとても気になるニュースです…。

私が勤めていた当時、国内にはレクサス販売店などはなく、セルシオ(センチュリーは除く)をラグジュアリーカーの頂点とした販売チャンネルが構成されていました。それでも、整備工場には「セルシオ工場」と呼ばれる専用ピットが用意され、カタログ一つとっても一般大衆車とは扱いが大きく違っており、そんなメーカー側の力の入れように、近い将来「レクサスブランド」として展開する兆しを社内の誰もが感じていました。新しいブランドの確立に向けてトヨタが動き出したことに期待に胸を膨らませ、セルシオのあるべき姿やその性能などを、皆で熱く語った事を今でも思い出します^^
(所詮、ディーラーの一営業マンですけど…^^)

ところで、メルセデスベンツが展開するAMGブランド。エンジンルームを開けると、そこにはそのエンジンを組み立てたマイスターの名前入り(サイン)プレートが刻まれています。つまり結論から言うと、お伝えしたいことは「原点」です。AMGと同じ事を量産車にする事などできません。でも考えてみてください。刻まれているのは名前ではなく、マイスターとしての「誇り」ならばと…。
トヨタを中心とした日本の自動車産業は「品質」を得意技としてきたはずです。でもその一方で、「効率的な経営」などの面からグローバル化(特に部品)が進み、一車種でおきたリコールが拡散してゆく結果を招いています。

以前にもブログ(偕老同穴)に書きましたが、昨今のニュースを見ていて日本人の国民性が育ててきた「たいせつなこと」を改めて感じる私でした…。

投稿者 竹中猛 : 15:24 | コメント (0) | トラックバック
体調不良・・・
このところブログが更新できていません。体調不良で休ませて頂いたりで申し訳ないです…。病気になると健康のありがたさがよくわかりますね。

グーグルの騒ぎに沸いている中国。インターネットの検閲やユーチューブ禁止、ブログへの介入等、すべてに国家が関わり、統制の取れた!?国づくりを目指している様ですが、その影響がアカデミー賞にも及んでいる…とある記事に書かれていました。その映画と言うのも四川大震災のドキュメンタリー映画。小学校の校舎が倒壊した理由を巡り、取材を重ねてきたアメリカ人のビザが却下されるなど、中国国家は今、真実を包み隠そうとすることに異様なほど神経を尖らせているそうです。映画の視点と解釈が、中国国民の感情を傷つけるものだとすれば、ビザ却下にもそれなりの理由を感じますが、亡くなられた方々のためにも、何が真実なのかを知る事が許される国家体制を期待するばかりです。第82回アカデミー賞授賞式は3月8日です。

最近また寒くなってますので、皆様もお体ご自愛くださいね^^

投稿者 竹中猛 : 13:34 | コメント (0) | トラックバック
Oh!不動産が寿司屋に!?

今日は2月3日節分。Oh!不動産が1日限りのお寿司屋さんになりました。007.JPG

(といっても単に販売場所の提供を提供しただけですが。)芦屋市春日町の「竹」さんが恵方巻きの販売をされました。

関西の恵方巻きの風習が一気に全国区に広がりTVなどでもたくさん取り上げられていました。

とてもセンス良くのれんをかけて販売されいつもと違う店の顔が現れ楽しかったです。 

「竹」さんは味と価格のバランスが絶妙でお気に入りのお店で今回の協力となりました。 おかみさんや板さんの雰囲気も良くいつも気分良く食べさせていただいております。

まだ行かれたことのない方は是非行ってみてください!!004.JPG

「寿司屋さんに変わったのか~」なんて言わないでくださいね。あくまで1日だけですから!!(笑)

投稿者 幸保和明 : 00:38 | コメント (0) | トラックバック