内装に珪藻土を使う理由

かいちまさこ は子供の頃から喘息でシックハウス症候群が騒がれる
以前から素材による身体への影響を気にせざる得なかったのが自然素材
に目を向けるきっかけとなりました。
1998年 今から15年前から珪藻土を使って来ましたが、その当時は価格
の高さと各社共 成分表が出てない所が多かったです。
(今でも成分表が出てない会社が多いです)
そこで 自分達でローコストでしかも本当に良いと思う珪藻土を作ろう!
と一念発起した訳です。
珪藻土を作ろうと思っても かいちまさこ は材料の知識はあっても
材料の仕入れ方 配合方法 作る工場もまったく解りません。
その決心は人一倍強く その気持ちだけで・・・
こともあろうに、珪藻土のメーカーに勤務していたS部長に
「ローコストでしかも本当に良いと思う珪藻土を一緒作りましょう!」
とお願いしました。
S部長は、「0h!のオリジナル珪藻土として理想の珪藻土作ろう」
と言って頂きました。 
そして2001年 珪藻土の配合からプロジェクトは開始されます。
目指す珪藻土は
1.合成樹脂を混入すると簡単に作れるが調湿性が、ほどんどなくなる為
  合成樹脂を混入させず 100%自然素材で作る
2.珪藻土の表面強度を強くする。
  合成樹脂を使えば簡単に表面は強くなります。ただ調湿機能は望めません。

3 アルカリ性にしてカビを防ぐ
  珪藻土単体では中性になる為 工夫をしてアルカリ性にする。
 
そしてできた配合は
珪藻土 + 漆喰 + (ほたて貝・火山灰)= 最強の塗り壁材です。

seibun.gif


説明をすると調湿性能は断トツに珪藻土が優れれいます。
吸着性は、ほたて貝・火山灰がどちらも優れています。
表面強度とアルカリ性は漆喰が優れています。
それを、上記の配合で混ぜることにより長所が合わさって最強の壁が誕生しました。
完璧な本物の自然素材の珪藻土です。なによりローコストです。
そして0h!の家は標準仕様で珪藻土が塗れることになりました。
あまりのできばえに、S部長は会社を辞めて2003年 (株)EM MAX
を立ち上げて珪藻土メーカーとして独立しました。

素晴らしい機能は下記の表をご覧ください。
吸放湿量です。
簡単に説明すると メルシーライトを1㎡塗ると空中にある湿気を200cc吸う能力があります。

mercy_data01.gif

空間の空気の綺麗さを実験しました。
食パン・大福・生卵・牛肉をそのまま珪藻土の空間に放置しました。
通常であればカビが生えてきたり、腐ったりしてもいいはずですが・・・
まったくカビも生えず、腐りもせず、もう4年目を迎えましたがご覧の通りです。
珪藻土の微細な孔がこのような悪い菌を吸着し、そして珪藻土の吸放湿性能で
室内の湿度を整えるのでカビにくく、腐りにくい室内環境を作り出しました。

jikken_003.jpg

ホルムアルデヒドの残存率です。
有害物質が家の中にあったとしても40分あれば吸収して分解します。
※合成樹脂を混入した珪藻土は、この効果になりません。

dekiru-06.gif

そしてアンモニア残存率
トイレに行ったあと40分あればアンモニア臭を感じません。
珪藻土を塗った0h!の化粧室は臭くありません。

dekiru-07.gif

七輪に珪藻土が使用されるように、珪藻土には耐久性があります。
万が一火災なので有害な煙や臭いが発生しやすいのは、ビニールクロスが
燃えるからで、この結果人命や家が危険にさらされる可能性があります。
0h!の珪藻土は有害物質を一切含まないので、火事でも壁・天井に施工していれば
燃え上がらず、有害物質も出しません。
他社の珪藻土は合成樹脂を配合されているため、合成樹脂エマルジョンが
焼けて有害な煙や臭いが発生します。
なによりも合成樹脂は配合された珪藻土は、施工は簡単ですが湿気を吸う力も弱く
吐き出す力も弱いです。ホルムアルデヒドやアンモニアを分解する能力も低く
見た目は、一緒ですが なにも良いことはありません。
化学樹脂が入っているかの確認は 珪藻土をバーナーで焼いてみるとと
合成樹脂が入っている珪藻土は、有害な煙や臭いが発生します。
こんな感じです。

dekiru-3.jpg

表面の強度が弱いと珪藻土は言われますが、0h!の珪藻土は漆喰を配合して
いますので、強くなっています。

他社の珪藻土

q-a_photo-1.jpg

0h!の珪藻土メルシー

q-a_photo-2.jpg

自然素材の家を作っている工務店が珪藻土以外に室内壁は漆喰をすすめられることが
あると思います。
漆喰は合成樹脂を配合した商品が少ないのですが・・・
珪藻土は合成樹脂を配合した商品がたくさん出回っていますので注意が必要です。
ビニールクロスはやめて、漆喰でも珪藻土でも樹脂が混入されてない塗り壁材
ならば、どちらでも良いと思います。
ただ・・・
漆喰は、吸い込む力はあるのですが吐き出す力が弱いです。
0h!の珪藻土は吐き出す力も強いこと、そして何よりも かいちまさこ の
強い思いから誕生した、最強の珪藻土はローコストで塗ることができます。

最後にこの写真は昨年完成した大阪市S邸での実験です。
時期は昨年の6月 雨の日でした。
室内の湿度は63% 外部は83%です。
一緒に写っている霧吹きは、どれくらいの勢いで水分吸うかの実験です。

607.jpg

投稿者 階地忠浩 : 09:37

コメント

コメントしてください




※イタズラ等防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できませんが、表示はされません。ご安心ください。



※もしホームページ等をお持ちであればご記入ください。

次からのコメント入力の手間を省くために、お名前やメールアドレスを記憶しますか?