外部の木部にイペ材を使う理由

イペ材は世界最強の木と言われている南米産の広葉樹です。
典型的なハードウッドで耐久性が特徴です。

これがイペ材です

s00d0402.jpg

2年経過するとこうなりますが、耐久性は衰えません。
僕はあえてこのグレーになったイペ材が好きです。
昔からあったような経年を感じれる色です。

s00d0407.jpg


かいちまさこ が10年前にイペ材でフラワーボックスを作りましたが
先日土を入れ替えた際に、底を確認しましたが腐っていませんでした。
わたしは腐ったイペ材を見たことがありません。
30年以上は腐らない木と言われていますが、それはデータがないだけで
それ以上でも腐らないと思います。
桟橋に使われる木ですし・・・腐ることは想像することが難しいです。
0h!ではイペ材に絶対なる信頼をしています。
※よく似ている木で、アイアンウッドやセランガンバツは使用しない方が良いです。

それではどこに使っているかのいうと、まずは破風です。
破風に針葉樹に塗装をして使う家が多いですが、20年以内で必ず腐ります。
イペ材ならば20年以内では腐りません。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-04-25%2017.34.24.png

ピンポイントでの写真は

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-04-25%2017.35.40.png

玄関の庇に支える柱もイペを巻き付けています。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-04-25%2017.33.41.png

バルコニーフェンスもイペを使用しています。
このフェンスは縦格子になっています。
このサイズに加工されたイペ材はありませんので加工工場に持って行きます。
格子にする理由は、風を通したいからです。 それと美しい。

485a.jpg


木製サッシの枠にもイペ材を使います。
濃いい木部がイペ材です。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-04-25%2017.28.49.png

ウッドデッキ・ウッドフェンスも当然イペ材です。

004.JPG

5121017.JPG

007.JPG


 

投稿者 階地忠浩 : 17:24

コメント

コメントしてください




※イタズラ等防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できませんが、表示はされません。ご安心ください。



※もしホームページ等をお持ちであればご記入ください。

次からのコメント入力の手間を省くために、お名前やメールアドレスを記憶しますか?